タロット「太陽」の絵に隠されたヒミツとは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●○●タロット「太陽」の絵に隠されたヒミツとは●○●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「太陽」のカードの絵には、ヒミツ(謎)が隠されているんですよ~♪

まずは、こちらからマルセイユ版の絵をみてください。

裸の双子が描かれていますが・・・・

ん?左の子にはしっぽがあるよ!

タロットの絵に関しては諸説ありますので、どれが本当の説かはわかりませんが、
その一説によると、

何枚か前のカード「15.悪魔」の世界からやってきたのではないかと言われています。

「悪魔」では人間が欲望まみれになり、しっぽが生えちゃいましたからね^^;

「塔」のような出来事によって「悪魔」の世界から脱出して、「星」の世界にたどり着き
「月」=夜を経て「太陽」=朝の世界にやってきた♪

その証拠に、右側の子はすでに安定した石の上に立っていて、
左の子を出迎えている様子ですね。

左の子は川を渡ってやってきたようです。

やー、よく来たね!
会えてうれしいよ♪

って言ってるみたい^m^

でも、「悪魔」の世界からやってきたふたりなら、男の子同士ではなく
男女の子供なのかもしれないですね~

そして、マルセイユ版の「太陽」の太い赤い線と黄色い波線の数は足すと16本なんです。

これは、17番の「星」のカードの星の絵と同じ16本なんです♪

「16」という数字は、

【宇宙エネルギーと対応する強いエネルギーを呼びこむ数】

と言われていますので、太陽や星に16本を描いたのもうなずけますね♪

そして太陽に顔が描かれているのは、崇拝の対象として人格化されているからなんです。

では、ウエイト版はどうでしょう?

ウエイト版の「太陽」が放つ直線と波線の数は、全部で21本です!

21という数字は1番「魔術師」~22番「世界」までの大アルカナの数ですね。

あれ?0番の「愚者」はどこに行っちゃったの?

と思ったら、

こちらのウエイト版の絵の中の赤い○の部分をよ~く見てください!

ローマ数字の横に!!!

黒い細い線が!!!

これが、「愚者」らしいですよ(笑)

言われないと気がつかないよね~^^;

サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。