心理タロットでマルセイユタロットを読み解く「12.吊るされた人」

マルセイユタロット「12.吊るされた人」

 

 

数字の「12」の意味とは

 

1+2=3
「3」がベースの意味となるが、偶数(能動的)ととらえる。

「3」女帝参照

 

 

 

絵からイメージできること

 

逆さになること=真逆な視点でみる、価値観を180度変える
自らを縛っている

手足は動かせないが、頭で考えることはできる。
行動せず、思考に意識を向ける。

人とは違った観点から世界を観察している。
異なった観点から冷静に現実を見直す必要がある。

真の問題解決のカギは、周りの状況ではなく、本人の思考の中にある。

 

 

 

 

 

「吊るし人」のカードを引いたときのひとことメッセージ

 

・180度視点を変えてものを見てみるとき。

今まで常識だと思っていたことを疑う。あたりまえだと思っていたことを疑う。

天と地ほど考え方を変えるとき。

 

・今まで自分にはムリだと思っていたことをあえてやってみるとき。

やる前にあきらめていたこと、挑戦しなかったことをやってみる。

 

・あなたの思い込みや固定観念が身動きできなくさせている。

誰かに縛られているのではない。あなた自身が自分を縛っている。

自分で「普通こうだよね」「それあたりまえだよね」と言っていることに意識を向け、

あなたの普通やあたりまえは、自分の価値基準によるものだということに気がつく必要がある。

 

 

「吊るされた人」のリーディング参考記事

 

タロット【12.吊るされた人】はこう読め!ここが読み方のポイント♪

 

 

 

マルセイユタロット

追伸:受講をご検討の方へ

ご受講前に講座の内容などについて杏樹魅香へ直接相談してみたい方は、下記のボタンをクリックしてください。

スタッフに代筆させることなく、杏樹魅香本人がメールにて直接ご回答いたします。

ネットからのお問合せはこちら
お問合せはお電話でも承っております
サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。