タロット無料占いの結果 「ソード5」からのメッセージ

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、数年ぶりに恋が訪れました。
とても品が良く、独特の雰囲気を持った方で、大きな会社の管理部長さんです。
夜のバイト友達の彼氏の友人で、普通に生活していればお会いできなかったような方。
彼は32歳と言う若さでありながら、女性にはあまり興味がなく、
楽器や音楽のことしか頭にないような人です。
私も、学校を中退して以来ジャズハウスでバイトしていたので楽器は得意でしたので
すぐ仲良くなりました。
また、互いの家が古くから続く家柄であることから
共通の集まりや知り合い等もある事が解り、とても意気投合しました。
仲良しだけど何を考えてるか良く分からないその人に、
私は気が合う人としか思ってませんでした。
私が物販で仲介したことのお礼に食事をご馳走してくれることとなり、
自然な流れで二人で食事をし、思ってた人格とは違った親しみやすさを知り、
思えばこの時に惹かれたのかもしれません。
その翌日、友人が彼氏に「お礼にって食事に行ったらしいよ」と伝えると
「彼が女性に休日の時間を割くなんて初めて見た。気に入ってるんや。」
と驚かれたことから、気になり始めました。
周囲の人全員が、元彼までもが、彼といい関係になれと勧めるのです。
そして、ご友人にも滅多にメールの返信をしない彼が、
私には一言ではありますが「昨日はありがとう。楽しかった。また近いうちに。」と、
何度かメールやりとりしてくれました。

気持ちが、完全に彼に向いてしまったことは理解します。
でもその度に、誰にも話していない自分のコンプレックスが溢れて来ます。

彼は、この街名と苗字で検索しただけでグーグルでトップに出てくるような会社の御曹司。

彼がその家で三兄弟の末っ子だとは言え、彼の遺伝子を継ぐ跡継ぎは必要だと思います。
かたや、私は男性恐怖症がまだ治ってません。
その恐怖心で彼を悲しませるのも嫌です。

そして、彼は国立大卒。私は中卒。
元々20代のうちに勉強をやり直し、短大卒はしようと思っていましたが、
それでも彼のお父様、お兄様方、彼自身の学歴から比べると…。

彼に話せば、彼は優しいし鈍感なので
「俺末っ子だし細かいことを気にしなくていいと思うよ。」と言ってくれると思います。
ですが、御家族にとっては私が疫病神になるかもしれないと思います。
気持ちとして、私は彼が好きです。今までの方にもそうだったように、
恐怖症克服の努力も怠りません。
学歴も、元々頭は良い方なので、自分の限界までならなんとかなると思いますら。
ですが仕事と両立する時間を考えると短大が限度かと思います。
それでも釣り合うものではないと解りながら、
そして、御家族にどう思われるかに怯えながら、
彼と距離が深まってしまうことを受け入れて良いのか…。
もう、何か始まってしまう前に背を向けてしまった方がいいのか…。

とても、とても悩んでいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

今日のご質問に対してタロットを1枚ひいてみました♪

「ソードの5」が出ましたよ!

思考をあらわす「ソード」が出た時点で、
「頭でっかち」「考えすぎ」であることがわかりますね^^;

自分の勝手な妄想が「不安」や「悩み」「恐怖」を作っているということです。

そして、「5」という数字は中心の数字ですから、
自分中心=自分勝手な思い込み、ということが言えます。

では、質問内容にあてはめてみてみましょう♪

>彼の遺伝子を継ぐ跡継ぎは必要
>その恐怖心で彼を悲しませる
>御家族にとっては私が疫病神になる
>彼と自分は釣り合わない

これは、Sさんの思考の部分、勝手な妄想ですね。

この中のどこに真実があるのでしょうか?
すべてSさんの思考が作り上げた話であり、どこにも証拠がありません。

Sさんが勝手に決めつけてしまったストーリーなんですよね。

後継ぎが必要だと思っているのはSさんの価値観による考えですよね?
どこにもそんな証拠がありません。

Sさんが疫病神になるという証拠はありますか?
それは100%絶対ですか?間違いありませんか?

すべて自分の思い込みや価値観による自分勝手な妄想で
未来のストーリーを作ってしまっているんです。

どこにも真実である証拠はありません。

頭であれこれ考えすぎてしまうと、真実が見えなくなります。

自分勝手な妄想で、自分ひとりが苦しんでいるにすぎません。

ひとり相撲をしているようなものですよ!

自分ひとりで考えれば考えるほど、自分が作りだした妄想にもがき苦しみます。

Sさんが今するべきことは、妄想の中から脱出して、真実と向き合うことです。

真実とはなんでしょうか?

今ある真実はただひとつだけです。

「あなたが好きになった人が目の前に存在する」ということだけです。

これしか真実はありません。

真実と向き合うということは、彼と向き合うということです。

唯一の真実である彼に、自分の本当の気持ちを言わずして、ふたりの関係性は成立しないでしょうから。

真実である彼と向き合わずに、自分勝手な妄想の中に入り込んでいては、
何も解決しませんし、彼をも失うことになりかねません。

Sさんが今考えていることはすべて真実ではないことに気がついてください。

彼との未来を創るかどうかは、Sさん次第です。
Sさんの選択次第で、いかようにも未来を創ることができます。

本当に彼との未来を創りたいのであれば、あとは彼と向き合うことを選ぶだけです。

彼と向き合うにはとても勇気がいることですが、その勇気と決断と行動が、
Sさんの望む未来を創り出す唯一の方法です。

サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。