言葉で癒せるプロとしての練習【カードセラピストプロ養成講座】

当スクールのオラクルカードやタロット講座にある【カードセラピストプロ養成講座】 ですが、この講座の中のメールリーディングレッスンでは、誤字脱字や、言葉の使い方、文章の言い回し、など細かくチェックして、添削させていただいています。

なぜ、そのように細かくチェックするかと言いますと、実際プロとして活動するようになれば、料金をいただいてメールでお返事をするわけですから、やはりクライアントさまに読みやすく、そしてわかりやすい文面を作っていかないといけないと思います。

私が読んで理解ができなかった文章は、クライアントさまはもっと理解できないと思うんです。

それに、カードセラピストは、セラピストとして、クライアントさまを癒してあげられるような文章を書かないといけません。

プロのカードセラピストとは、言葉で癒しを提供するプロだと思うんですね。

対面やスカイプの場合は、実際に自分が発する言葉で癒し、メールの場合は文章で癒すわけです。

いずれも、やはり数をこなして実践練習をしていただきながらコツをつかみ、慣れていくしかないので、私が気になる箇所を指摘しながら、たくさん練習をしていただき『言葉で癒せるプロ』になっていただく練習をしてもらっています。

?というわけで『リーディング結果を、わかりやすく、そして癒せる文章にして伝えることができるプロ』になっていただくために、赤ペン先生のように(笑)こと細かにチェックをして、添削させていただいています♪

受講中のみなさんは、いつも私が添削して返すので、今度は添削されないように、と思いながら、意識して次のメールを送っていただいていると思います。

次こそは添削されないように!と意識することで、メールを送る前に何度も読み返して、自分の文章を確認していると思います。
?

メールを送る前に何度も読み返して確認する、というクセをつけていただくことも大事ですね!(*^ー^)ノ

サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。