自分のリーディングに自信をつけるためには

当スクールの講座の受講生様とのレッスン中の会話などで、
「自分が出した答えが、本当に合っているのかどうか、これでいいのかと迷う」
「自分が出した答えに自信が持てない。いろいろ考えてしまう。」
などというお話をよく聞きます。
これは、誰でもやはり感じることではないかな~?と思います。
では、この不安な気持ちや迷い、自信をつけるためにどうすれば良いか、ですが、
私たちカードセラピストは、カードに書かれた象徴(シンボル)だったり、
色だったり、描かれている人物の表情、姿、形などを見て何かを感じます。
そして感じたことを言葉にしていきます。
ここで、「自分が感じたことは合っているのか?」
「言葉にしてみたものの、この回答は当たっているのか?」
と、不安になるんですよね。
カードリーディングの答えって目に見えないものだし、
正解があるわけではないので、どうしても不安になってしまうんです。
私も最初はそうでした。
では、自分が出した答えに迷うことなく、自信をもってお伝えするにはどうしたら良いか?
これは、いかに「自分の感じたことを信頼することができるか」に尽きると思います。
私も自分のイメージングを信頼できるようになるまでは、長い時間がかかりました。
でも、ちょっと考えてみてください。
普段の生活の中で、ふと自分が思ったことが本当に起こったり、
なんとなくそう思ったことが当たっていたり、なんていうことってありますよね?
いわゆる「カン」というやつですよね。
女性は特に敏感ですので、「女の直感」というものがあると思います。
「なんとなく旦那が浮気をしているみたい」とか、
「なんだか彼が嘘をついているような気がする」
・・・なんて、こういう時って、女のカンが働きますよね(笑)
これが、直感、ひらめき、第六感・・・
すなわち、カードを見た時に感じるイメージのことになるわけですね。
普段の生活の中で、自分の直感が当たるわけですから、
カードを通して感じたことも、信頼していいわけです。
もともと人間には、そういう「カン」というものは備わっていますし、
女性は特にカンが鋭いですから、もっと自分の「カン」に自信を持っていただいて良いんですよ♪
カードの絵を見て感じることって、
「単なる自分のカンでいいの?」
「いいんです!」
「カン」は立派な直感やひらめきですから、なんとなくこう思うという「カン」で
答えていただいて良いんです。
ですので、みなさんも、
「自分には女の直感がある!だから、私のカンは正しい!」と思ってくださいね(^^♪
サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。