タロット講座ではカードの意味を教えるのではなくカードの象徴の意味を教えています

現在、タロットカードプロ養成講座を受講していただいている方から、

『カードの象徴の意味を知ることで、練習問題もあまり考えずに書けるようになっています。すごく楽しいです。』

と言っていただきました~(*^▽^*)

ありがとうございます♪

当スクールのタロット講座ではカードの意味を教える、ということはしていません。

それは、タロットにはもともと意味はない、と考えているからなんです。

タロットに意味、というのは存在しないので、意味を定義する必要はないんですね。

ですので、カード自体の意味を教えるのではなく、カードの象徴の意味をお教えしているんです。


カードの象徴というのは、カードに書かれているもの、ですね。

例えば、下の「女教皇」のカードであれば、

黒と白の柱の意味は何か、女教皇がかぶっている丸いものは何か、

後ろの幕の模様の意味は何か、足元の月は何か、持っているものは何か、

というように、カードに書かれている象徴の意味をお教えしているのです。

日本一わかりやすい【タロット・オラクルカード講座】初心者さんでもすぐできるようになる♪カードセラピストプロ志望者もサポート♪

その象徴の意味をお教えすると、

自然にこのカードからのメッセージをイメージすることができるようになり、

練習問題にも答えることが出来るようになるんですね♪

サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。