最新記事

どうしたら、強い心を持ち、子どもを大きな愛情で包んであげることができるでしょうか?

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私には2歳になる息子がいて、息子は脱毛症のため、髪がまったくありません。
医師たちには原因不明と言われ、様子を見ているところです。
最近は眉毛、まつ毛も抜けてしまいました。

息子と関わるたび、顔をみるたび、愛しいという気持ちと同じくらい、
なぜ他の子と同じではないのだろう、
これから私のせいでこの子は辛い思いをたくさんしてしまうのではないか…
と、辛い気持ちでいっぱいになります。

母親が強くならなければ、と皆に言われ、私もそうありたいのですし、
子どもにも不安な思いをさせたくない、人間は見た目 じゃないんだよ、
ってしっかり教えていきたいのですが、
どうしても子どものことがストレスになって毎日不安定になってしまいます。

私が一番子どもを認めてあげていないのかもしれません。
母親失格だと毎日思います。

どうしたら、強い心を持ち、子どもを大きな愛情で包んであげることができるでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

にわかには信じられないかとは思いますが、
息子さんの現在の症状は、
Yさんに何かを気づかせるために起こっているに過ぎないので、
Yさん自身に変化があれば、息子さんの症状も変化しますよ。

息子さんはYさんの鏡ですから、
鏡に映っている本人が気づくことで、鏡である息子さんも変わるということです。

Yさんは「私のせいで」「母親失格」という加害者意識をお持ちですよね?

自分を加害者にしてしまった瞬間に、「被害者」をつくりだします。

Yさんが「加害者」で、息子さんが「被害者」

息子さんが、自分を責めているお母さんを見てどう思うでしょうか?

Yさんが逆の立場だったらどうでしょう?

「僕のせいでお母さんに申し訳ない」と
いつも自分を責めている息子さんの姿を目の前で毎日見ることになったとしたら、
Yさんはどんな気持ちになりますか?

それを今見せているんですよ。

Yさんは意識的にその気持ちをおし隠していたとしても、無意識には出るんですよ。

相手にはしっかりと伝わるんですよ^^;

そして、現実はYさんが発した言葉通りになりますので、

「これからつらい思いをいっぱいしてしまう」

となります。

Yさんが無意識で「そうなるに違いない」って決めちゃったんですね^^;

そして、人に伝えたい言葉は、自分に言いたい言葉ですから、

「子どもにも不安な思いをさせたくない、人間は見た目 じゃないんだよ、
ってしっかり教えていきたい」

これは、息子さんに教えていきたいのではなく、
自分に言いたいということですね。

自分が不安になりたくない。

人間は見た目じゃないって思いたい。

ということです。

ここでタロットを引いてみました。

「2.女教皇」

このカードが伝えたいことは、

前述したように、息子さんはYさんの鏡なんだよーと、

息子さんを通して自分の心を見なさい、と。

そして、現実に起こっていることもYさんの鏡です。

Yさん自身が不安だと思っているから、不安になる現実(息子さんの症状)が起こっているんです。

「息子さんがつらい思いをするかもしれない」という不安を払しょくするために必死になっている間は、

「不安というのは自分がつくりだしているんだ!(どうなるかわからない未来を心配している)」

「自分自身を責めているから、責められるような現実が起こるんだ!」

と腑に落ちるまで「息子さんの症状」を見続けることになるんです。

Yさんが自分で自分を責めているから、
責められるような現実(息子さんの症状)を見せられている。
責められるような言葉を聞くことになる。

Yさんが将来を不安だと悲観的になっているから
悲観的になるような現実(息子さんの症状)を見せられている。

というのが、心のしくみ、現実のしくみなんです。

すべての出来事は例外なく、100%自分自身がつくっています。
自分が発信しています。

今日、今まで気がつかなかったことに気がつきましたね。

こうして「気づく」ことで変化が始まりますから、
これからYさん、そして鏡である息子さんにも変化が起こりますよ♪

今起こっていることはこういうことだったんだ。と
これからも意識して過ごすようにしてくださいね。

サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。