最新記事

どうしてもline、メールでのコミニュケーションで ストレスがたまってしまいます。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうしてもline、メールでのコミニュケーションで
ストレスがたまってしまいます。

どちらかというと自分アピール、
自慢?ばかりしてくる人のメールがほとんどで、
やりとりも相手ペースで切られる。

社交辞令で『またいつか○○いきましょう、お会いしましょう』
で果たしたこともない、ややキープ的な文句で終わらされる。

じゃあ具体的に誘うと濁される…
男女問わずでどんどん疎遠になっていくばっかりです。

杏樹さんのブログなどの見解からは、
相手と自分との精神レベルがずれてきたと解釈していいのですか?

私のメール文に何か潜在的に
相手に求めている錘のようなものがあるのか、
好かれたい、気分を害させたくないとか。

とにかく便利なツールでもあるけど、
顔がみえないぶん一瞬にして関係も天と地に分かれる場合もあって。
私は無意識に相手の何をみようとしているのでしょうか?

メールだけでは人はわかりませんが、人柄は出るものだと思うことも。
でもこうでないと…とか思い込みみたいなのが私にはありそうです。
その思い込みは何からくるものなのか…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

早速タロットを引いてみました。

出たカードは、「11.力」「18.月」でした。

※カードの番号、名前はマルセイユタロット(タロットの元型)に準じています。

人間関係に問題があるときは、以下を見直す必要があります。

・相手の顔色を見てつきあっていないか(相手優先、他者中心)
・相手と一線を引けているか(イヤなことはNOと言えているか)
・自分も目の前のイヤな相手と同じことをしていないか
・日常でガマンしていることがないか

を見ていくと、どこかに原因があるはずなんです。

心理学では、目の前にいる人はすべて「自分の鏡」だといいます。

自分の姿形は、鏡を見ないと見えません。

ですので、自分以外の人間は、自分のことを知るために、
自分の姿を見せてくれるために存在しているのです。

Tさんが「ムカつく!こんな人イヤだ!」と思っている相手は、
何かを気づかせるために、Tさんの目の前にあらわれ
Tさんが不快に思うことをやっているのです。

「この人は何を教えてくれているのだろう?」

と、相手を見て自分に目を向けることが必要であり、
自分に目を向けることを無視すると、そこに気づくまで
何度も同じことが繰り返され、ずっと不快な出来事が続くのです。

・相手の顔色を見てつきあっていないか(相手優先、他者中心)
・相手と一線を引けているか(イヤなことはNOと言えているか)
・自分も目の前のイヤな相手と同じことをしていないか
・日常でガマンしていることがないか

「こんなことされてイヤだな」と思ったとき、
「こういう人イヤだな」と思ったときは、

上に書いたことを自分に問いかけてみてください。

なんらかの形で、ガマンすることがあればあるほど、
イヤだなと思う人があらわれ、イヤだなと思う出来事が起こります。

ガマンの数と不快な出来事の数は同じなんです。

にわかには信じられないかもしれませんが、
Tさんが見ている現実(日々起こっていること)は、
「投影」といって、自分の心の中にあるものが映し出されている世界なんです。

先ほども言ったように、目の前にいる不快な人はTさんの鏡ですから、
Tさんが自分をガマンさせるようなことをしていれば、
相手からもガマンさせられるようなこと(イヤなこと)をされるのです。

今回出た「11.力」と「18.月」の2枚のカードは、

「相手を見て自分を知りなさい、相手を見て自分と向き合いなさい」

ということを伝えています。

「1+1=2 力」は、目の前の人は自分の鏡であること、

そして、自分と向き合う作業は時には痛みを感じる(見たくない)けど、
受けいれる勇気が必要だと伝えています。

「1+8=9 月」は、自分の無意識(深層意識)を知ること、

無意識を知るためには、鏡を使って知るしかないので、
相手を見て、自分でも気づかない自分の無意識に気づく必要があると伝えているのです。

サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。