最新記事

仕事の中で突発的な苦手なものを振られることがあります。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仕事の中で突発的な苦手なものを振られることがあります。

上司に自分の素直な苦手(苦しくて辛い気持ち)という気持ちを伝え
上司は対応してくれそうな雰囲気がありました。
上司は分かってくれたようでした。
実際になんとかすると言ってくれました。

ところが先日別の方面からまたその仕事を振られそうになったのです。
また辛い気持ちになりました。
実際に私がそれをしなければならないのか、まだ結果はわかりません。
苦手だとする仕事の日は決まっていて、その日は刻々と迫っています。

しかし私は「もし、私がすることになったらどうしよう」と知るのが恐ろしくて
上司に聞くべき「別の方面から例の仕事を振られそうになった。
対応はしてもらっていたけど、難しかったのでしょうか。
やはり私がその仕事をすることになったのですか。」
と、確認すらできていないのです。

私はその辛い仕事をすることになってしまうでしょうか。
もしすることになったらどうしよう、どうしようと悩み、恐れ続けています。
私がそれをずっと拒み続けてきたので実際に拒んでいる私を見て怒っている人もいます。
社内に居づらいこともあります。
辛いことでもいちおうは仕事ですしこれ以上は断れません(と持っています)。
よろしくおねがいします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

まず、「苦手な仕事が来たらどうしよう。どうしよう。」と考えてばかりいると、
その仕事は来ちゃいますよ^^;

何度か逃れられたとしても、最終的には必ずやってきます。

「苦手な仕事が来たらどうしよう・・・」という思考は、
「苦手な仕事が来る」という前提があるわけです。

「苦手な仕事は私には絶対に来ない」と思っていれば、
「来たらどうしよう」という思考が発生しないわけですからね。

なので、自分が来るように念じちゃってることになりますね^^;

上司に言っても無駄ですよ。

だって、自分のその思考パターンが現実にしているので、
上司は関係ないんですね^^;

上司に頼んでも、今回同様また別の方面から仕事の依頼が来ます。

自分が引き寄せているわけですから、自分の思考パターンを変えない限り、
その現実はやってくるということです。

では、どうしたらいいか?

タロットを引いてみました。

「11.力」「13番」が出ました。

※カード番号と名前はマルセイユタロット(元来のタロット)に準じています。

まずは、自分がイヤな仕事を引き寄せてることに気がつくこと。

上司に言ってもムダだと思ってください。

自分が苦手と思っていることって、
「私はこれが苦手!」って決めちゃったから、苦手になったんです。

最初は、もしかしてこれ苦手かも?と思うような出来事があったかもしれません。

それをきっかけに、「私にはムリ!私は苦手!」って自分が固く信じてしまったので、
無意識に「苦手だ」と思うような行動をしていて、
「苦手」が現実になっているということなんです。

その苦手な仕事というのがどういうものなのかがわからないので、
うまくたとえられないのですが^^;

まあいずれにしても、自分の苦手は幻想(真実ではない)で、
勝手に自分が思いこんでいるということですね。

思い込みが現実にしちゃったということです。

なので、苦手だと思っている思考は幻想であるわけですから、
その仕事をやってみる。

やってみたら、あれ?そんなにイヤじゃないかも。と思うことってよくあります。

もちろん、苦手だと強く思いこんでるので、
それをやるには勇気がいるでしょう。覚悟もいるでしょう。

Tさんにとってすごく大変だと思いますが、今はそれをやる時期だと「11.力」のカードが告げています。

それでも、どうしても無理!というのであれば、
会社をやめるというのもひとつの方法です。

やめる、ではなく、異動(可能であれば)を申し出るとか、
しばらく休む、とか⇒「13番」のカード

イヤなことを無理してがんばらずに、
その場から離れるのもひとつの選択肢ですね。

結果を読んでいただき、また自分自身と向き合って考えてみてくださいね♪

サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。