« 記事一覧 »

心理タロットでマルセイユタロットを読み解く「18.月」

マルセイユタロット「18.月」

数字の「18」の意味とは

1+8=9  「9」がベースの意味となる。

 

「9」隠者参照  

絵からイメージできること

この世(今)とあの世(未来)の境界に存在する門

地上から月の裏側は見えない

門の先や月の裏側には何があるかはわからない

先が見えない、見えないから不安

ザリガニが水(無意識)から陸(意識)へ這い上がっていく

 

 

「18.月」のカードを引いたときのひとことメッセージ

・今はものごとを冷静に判断できないとき。今は答えを出さない方がいい。

・不安が不安を呼び、問題が大きくなってしまっている。 本当の問題は今考えていることよりもずっと小さいことであり、取るに足らないことなのだ。

・不安というのは思考がつくりだしたものであって真実ではない。 その不安を感じている原因は何か?根本にある問題を見つけることが先決だ。

・人は自分の意識上にある思考と、無意識にある思考が一致しないから悩む。 自分のことなのにまるで理解できていない無意識に目を向ける必要がある。      

 

「月」のリーディング参考記事

 

 

マルセイユタロット

追伸:受講をご検討の方へ

ご受講前に講座の内容などについて杏樹魅香へ直接相談してみたい方は、下記のボタンをクリックしてください。

スタッフに代筆させることなく、杏樹魅香本人がメールにて直接ご回答いたします。

ネットからのお問合せはこちら
お問合せはお電話でも承っております
サブメニュー(タッチすると開きます)



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など発見した場合は予告無く通報します。